2012年3月21日水曜日

佐々里峠へ行きました

3月15日に通行止めが解除になったので、早速佐々里峠へ行ってきました。ルートは、自転車では行った事が有るけどバイクではまだ走ってなかった芹生峠をルートに入れて、〜静市〜貴舟〜芹生峠〜大布施〜広河原〜佐々里峠〜安掛〜杉坂口〜杉坂〜京見峠〜・・・ほとんど自転車で回るみたいなルートで走りました。
芹生峠のある府道361号線の舗装はだいぶ痛んでいて、道路脇にはうっすらと雪が残っていました。以前自転車で走った時も、舗装が奇麗なのは芹生峠の所だけだった様な気が・・・。峠区間では自動車には2台しか合いませんでした。

京都市中心部から大布施〜広河原方面へ出るには、貴舟から上がって芹生峠を通るのと、小出石から入って百井峠を抜けるルートがどっこいの悪路で、どっちもあまり通りたく無いですね。まあ、オーソドックスに鞍馬から上がって花背峠を通る方がベターだと思います。路線バスが走っているくらいだから、ルートとしてはまともですよね。
次回は、国道367号梅の木から入って久多を通って広河原に出るルートを試してみたいと思っています。

大布施を経由して広河原を過ぎた辺りから路肩には「雪の壁」もあり、大喜び!!来てよかった〜ぁ・・・

広河原側は除雪もされていて、雪の壁を見ながら快適なドライブでしたが・・・・・
峠を越えた南丹市側の路面には雪が!!。日陰になっている所の雪が溶けずに残っています。4輪車なら問題ない程度だとは思いますが、けっこうな坂道なんで二輪だと・・・。「急」が付く運転操作は一切しない様に慎重に進んだけど・・・ツルッと滑って見事に転倒。教習所のネイキッドと違い、スクーターの場合、体が自然にボディーから投げ出されて・・・「あっ!こけちゃった」
幸いな事に転んだのがアスファルトではなくふわっとした雪の上だったのでちっとも痛く無かったし、ボディーにもまったく傷がつきませんでした。雪の保護層を突き破ったリアステップがちょっとだけ削れましたが・・・。
で困った事に、右のミラーが根元から回転して向きが変わってしまいました!!で、直そうとしたけど根元のネジが固くて手では回せません。とは言ってもミラーが割れなくてよかった。全く自動車が走っていないので、当分の間はミラーが無くても平気なので気を取り直して出発。

教習所を卒業してから初めての転倒ですが、大した事が無くて良かったです。教習所のバイクと違い、転倒してもエンジンはすぐにかかりました・・・・さすがインジェクション!。

曲がってしまったミラーを直すための工具(レンチ)を借りに入ったガソリンスタンドのおばさんは、15日の開通以降に雪が降ったと言っていました。気象庁のホームページを見ると、美山では朝の最低気温が氷点下の様です。京都市内よりだいぶ寒いので日陰はなかなか雪が溶けないんですね。

でも、行ってよかった!!今を逃したら雪の壁なんて見られませんからね!!明日から気温が上がるって言っているから、行くなら今週中ですよね。

走行距離115キロ、休憩を全く取らず約4時間

より大きな地図で 佐々里峠 を表示

最近、「雪国」ばかり行っているのでバイクがドロドロです。そろそろ洗わなくっちゃ